オールセヴィング

生活や暮らしや恋愛などに関するさまざまな情報をお届けいたします!

節約して一人暮らしを満喫しよう!

節約は無駄を省いて余分な出費を抑制することを意味します。一人暮らしの始めた頃からお金がかかるので、今後の生活に節約をしなければなりません。そこで、一人暮らしに欠かせない節約方法を解説します。

一人暮らしを始める前にやるべきこと

家賃のリサーチ

地方から都会に出て引っ越す人は大勢いるでしょう。都心の学校に進学するために引っ越したり、都会にある企業に就職したり、さまざまな目的を抱いているでしょう。とはいえ、地方と都会に物価の格差があります。地方は物価が安いのに対し、都会は物価が高い傾向にあるというわけです。都会の企業の給料が高いのは、そのためと言えるかもしれません。

ここで肝心なのは、一人暮らし生活です。一人暮らしを始める前に節約すべき点がひとつだけあります。それは、家賃です。アパートや賃貸マンションに引っ越しても、家賃を節約することは不可能です。根気は必要ですが、学生は学校が近い物件、社会人は職場に近い物件を選択するのが理想的でしょう。

地方はともかく都会だとすぐにインターネットで探せるでしょう。家賃は月収の3分の1が妥当と言いますが、4分の1とか5分の1とかが妥当な線でしょう。単純計算を考えると、月収の手取りが20万円で家賃が6万5000円。家計が苦しくなるのは間違いありません。月収の手取りが20万円で家賃が4万円から5万円のほうが不安なく暮らしていけるでしょう。

家賃4万円以下の物件もありますので、自分の収入と相談しながら選択するべきでしょう。

物件の周辺をリサーチする

選ぶ予定の物件の周りになにがあるのかも調べる必要があります。歩いて5分以内のところにスーパーやコンビニなどがあれば理想です。一人暮らしをするにあたって重要なのは節約です。食費、水道光熱費、通信費などいろいろと節約する部分と方法があります。

スーパーだと半額の品々が売られている機会が多く、トイレで用を足すことだって可能です。ケチくさいかもしれませんが、ケチな人ほど節約に長けているのは間違いないと言えます。コンビニで弁当やジュースなどを買い続けている人は意外と出費が多いです。

食費は安い食材を買って自炊、通信費は格安SIMと格安スマホで節約、水道光熱費は電気と水道とガスの使用を極力抑えるなどの方法を取り、酒とタバコを禁酒禁煙に努力すれば、月2万円から3万円の貯金が可能です。

節約できるところからやろう

上記にも触れましたが、一人暮らしするにあたって、食費と通信費と水道光熱費の節約が重要です。この3つについて解説していきます。

食費

食費を抑える方法は主に自炊です。お米を買って炊飯器で炊き、食材を切って炒めて調理すると、自分好みの料理ができたりもしますが、結局はその人の腕次第です。学生時代、家庭科の授業で料理する機会があったと思いますが、自炊は節約うんぬんを除いて結構楽しいものです。クックパッドなど料理サイトで調理方法が掲載されているのですが、利用者が結構います。

食費を抑えるコツは、安い食材を買うことです。半額のシールがついた食材があれば積極的に選ぶといいでしょう。とはいえ、フライパンと鍋と包丁といった調理器具がないと料理は不可能です。100円ショップにも売られていますが、おすすめはできません。ホームセンターなどちゃんとしたところで購入しないと、すぐに使い物にならなくなるからです。

調理器具に関しては多少お金をかけてもいいでしょう。

食器について

食器はなるべく100円ショップで購入するようにしましょう。料理を載せるだけの食器です。スーパーなどで100円以下の食器があれば、そちらを選んでもいいでしょう。リサイクルショップでも安いのがたくさんありますので、リサイクルショップに足を運んで見に行ってもいいでしょう。

通信費

ドコモ、auソフトバンクなどキャリアを利用している人は、キャリアからMVNOが提供する格安SIMに切り替えましょう。キャリアより半額以下の通信費を抑えることが可能です。

ドコモ回線を利用するMVNOは数多くいるので、好みで選んでもいいでしょう。au回線を利用するMVNOもありますが、ドコモ回線のMVNOと違って4社、mineo(マイネオ)、UQ mobile(UQモバイル)、Fiimo(フィーモ)、IIJmio(みおふぉん)です。ソフトバンク回線のMVNOはありませんが、Ymobile(ワイモバイル)もあります。

光回線を契約する人は価格コムなどでキャッシュバックキャンペーンを利用するのもまた節約方法のひとつです。WiMAXも同じく価格コムでキャッシュバックキャンペーンも行われております。頻繁に移動するならWiMAX、安定した高速通信が目的なら光回線、それぞれ用途に合わせて選択するべきでしょう。

水道光熱費

なるべく使わないことが節約につながります。電力会社と契約する場合は一番安い10A。水道料金はなるべく使わないことですが、飲み水とトイレとお風呂と洗濯のことを考慮すると難しいと言わざるを得ませんが、ちゃんとした節約方法もあります。ガスは契約しないことが一番なのですが、ボイラーと暖房器具の燃料がガスなら契約せざるを得ないでしょう。

水道料金の節約方法についてですが、特に一番水が使われるのが、トイレとお風呂と洗濯の3つです。お風呂はなるべくシャワーのほうが一番なのですが、湯船に浸かりたいという気持ちがあるでしょう。その湯船に残ったお湯をバケツで洗濯機に入れて洗濯する方法もあります。ポンプでもいいのですが、節約のためにここはバケツを使いましょう。

トイレについてですが、こればかりは仕方ないと言えるでしょう。一番の節約方法は、スーパーやコンビニなどのトイレを利用することです。特に大をする場合は活用したほうがいいでしょう。

ガス代や灯油代の節約方法についてですが、なるべく使わない方が節約効果につながります。オール電化の賃貸マンションやアパートの場合、ガスと灯油は無縁ですが、その分の電気代が重なるでしょう。カセットコンロやIHクッキングヒーターというものがあるので、それを使ったほうが節約につながるでしょう。

まとめ

一人暮らしの節約方法は多くあります。一人暮らしならではの知恵というのがたくさんあります。節約する目的の多くが貯金ですが、それが将来につながる可能性があるというわけです。節約は意外と楽しいうえに将来に役立つので、積極的に行ってみましょう。