オールセヴィング

ポケモンなどアニメの感想!主に童貞の恋愛向け!生活と節約に熱心な皆さま向けなど、さまざまなことが書かれている雑記ブログです!

引越しの準備と手順と料金を抑える方法


スポンサーリンク

引越しにあたって必要なのは準備と手順、そして料金をなるべく抑えて格安にすることです。引越し業者に頼るのも大切ですが、ご家族総出で引越すなら利用したほうがいいでしょう。一人暮らしを始める場合はどうすればいいのか、その状況を解説します。

こういう方におすすめ

地方から都会に出て一人暮らしを始める人、出張を理由に単身赴任する人、こういった方々に向けての情報です。なるべく料金を抑えるためには引越し業者に頼らないのが一番で、自分の手で荷物を運ぶことを努力することが大事です。

この記事は必要最低限の荷物だけで一人暮らしを始める方法が記載されていますので、是非参考してみてください。

一人暮らしの場合は引越し業者に頼らない

冒頭にも説明しましたが、家族総出で引越すなら引越し業者に頼ってもいいでしょう。運ぶ荷物が山ほどありますから。一人暮らしをし始める場合、最低限の荷物だけでいいでしょう。なぜなら、いつか出ていかなければならないからです。住んでいるところが公営住宅または町営住宅など、行政が運営している賃貸住宅であれば話が違ってきます。

話を戻しますが、最低限の荷物であれば引越し業者でなく宅配業者に頼ってもいいでしょう。特にテレビやパソコンなど日常的に使うものは次の引越し先に持っていきたいという気持ちは理解できます。大きな荷物と重すぎる荷物はリサイクルショップに買い取ってもらうことをおすすめします。

引越しの準備について

引越しの1週間から2週間前に準備を始める必要があります。賃貸物件(アパートやマンションなど)をインターネットでリサーチ。HOME’S(ホームズ)やSUUMO(スーモ)など住宅情報サイトで探しましょう。これだと思った物件に申し込んで契約です。次は転出・転居届です。

もうひとつあります。それはリサイクルショップのリサーチです。リサイクルショップは家電製品などさまざまな中古品が販売されていますが、動作に問題ないうえにホームセンターや家電量販店などより格安です。また、引越しする際に必要のないものを買い取ってくれます。これからリサイクルショップのお世話になることも大切といえるでしょう。

引越しの手順

引越しにおいて重要なのは、新居先の下見です。契約するにあたって下見を先に行うのが大事だからです。どんなに遠くても下見はかならず行い、契約を確認したほうがいいでしょう。下見だけでなく、さまざまな手続きを行わなければなりません。

電話(固定と携帯問わず)の契約変更とインターネットの契約変更です。これらを変更しないと、後になって問題が発生する可能性が否定できません。インターネットの契約変更ですが、頻繁に引越すなら光回線よりWiMAX回線がおすすめでしょう。光回線の契約変更から開通まで1ヶ月以上かかるケースがあるからです。

なぜWiMAXなのかというと、工事不要の高速インターネットだからです。とはいえ、WiMAXのエリア外の場合は使えないというデメリットがあります。

詳しいことはSUUMOの「引越し手続きのダンドリチェックリスト」を参考してください。

下見でやるべきこと

下見の最中にライフラインを開通させましょう。ライフラインは簡潔的に述べると、電気・水道・ガスの3つです。オール電化の賃貸物件であれば電気と水道だけで済みます。これらのライフラインを開通しないと生活できないと言っても過言ではありません。住所変更の届けがなくても、電話1本で開通ができます。

引越す日を決めよう

いくつか候補の物件を下見して選択したら、次は契約です。契約後、引越す日を決めましょう。引越す日の前にリサイクルショップなどで洗濯機や電子レンジなどを購入して新居先に置きましょう。家電付きでこれらがすでにある場合は購入する必要がありません。リサイクルショップにはないので、布団はホームセンターなどで購入しましょう。

また、インターネットで購入するのもありです。引越し業者および宅急便での利用はお金が高くつきますし、インターネットで購入すれば送料無料の場合だとそういった費用は絶対に出ません。

引越し後に節約を徹底する

引越し当初はお金がかかることばかりです。家賃は仕方ありませんが、電気代と水道代とガス代などといったライフラインを節約することができます。節約方法は幅広いですが、なるべく使わないことが一番です。次は通信費です。上記に触れましたが、エリア内であれば光回線でなくWiMAXを利用しましょう。

もうひとつは携帯電話の料金です。携帯3社というキャリアであるドコモとauソフトバンクでなく、MVNOから提供される格安SIMを利用しましょう。月々の携帯料金を半額以下に抑えることができます。

節約して万一に備え、お金を貯めたほうがいいでしょう。

まとめ

引越しする際は現地で調達できるものを実家に置くことで余計な費用を抑えることができます。引越しの準備や手順などについても簡潔的に述べましたが、引越しは決断が必要です。春にかけて進学と就職のために引越しする機会が多いでしょうが、節約を考えることが大事です。


スポンサーリンク