オールセヴィング

生活や暮らしや恋愛などに関するさまざまな情報をお届けいたします!

サトシはなぜメガシンカを使わないのか

ポケモンXYでいえばメガシンカが思いつくでしょう。ポケモンファンは誰しもサトシがメガシンカを使うことを予想していましたが、結局は最後まで使いませんでした。どうしてメガシンカを使わなかったのか、そのわけを考察します。

メガシンカとはなにか

キーストーンが必要

キーストーンとはポケモンメガシンカさせるために必要な道具です。ポケモンメガシンカさせる具体的な方法は、トレーナーがキーストーンを持ち、メガシンカするポケモンにメガストーンを持たせ、キーストーンとメガストーンが共鳴することで、そのポケモンメガシンカするのです。

メガシンカを使用するトレーナーはキーストーンを自分のアクセサリーにするのがほとんどです。例えばブレスレット、ペンダント、指輪、イヤリングなど。ゲームに出てくる「メガリング」や「メガバンクル」もそうです。アニポケにおいては懐中時計にキーストーンを入れているトレーナーがいたり、傘の先端にキーストーンをつけているというトレーナーもいたりします。

メガストーンが必要

ポケモンメガシンカさせるのに、そのポケモンにメガストーンを持たせなければなりませんが、メガストーンにも種類があります。例えば「フシギバナイト」や「カメックスナイト」、さらに「リザードナイトX」と「リザードナイトY」というのもあります。ポケモンの名を持つメガストーンじゃなければ、そのポケモンメガシンカできません。

全てのポケモンメガシンカできるとは限らず、中には伝説のポケモンメガシンカできるポケモンもあります。ミュウツーレックウザラティオスラティアスディアンシーなどです。ゲンシカイキも含めれば、グラードンカイオーガもそうです。

メガシンカしたポケモンの強さ

メガシンカしたポケモンは通常より能力がかなり高くなり、場合によっては伝説のポケモンを上回ります。メガシンカポケモンが出てくるだけでも戦局が一変する場合があるということです。

とはいえ、相性や技の威力を考慮すると、メガシンカが全てではありません。ゲームでは全てでないことは証明されており、アニポケのカロスリーグにおいてルチャブルメガアブソルを倒すなど証明されています。

サトシがメガシンカを使わない理由

その1:キーストーンを最後まで入手できなかったから

ポケモンゲームXYでは、マスタータワーでコルニとバトルし、勝ったらメガリングをもらうことができます。これによって、初めてメガシンカが使えるというわけです。アニメの場合、サトシは結局、メガリングをもらえずキーストーンを入手することができませんでした。

カロスリーグ前にキーストーンを入手することもかないませんでした。

その2:サトシゲッコウガの存在

サトシの手持ちをピカチュウとカロスのポケモンで統一したかったからと推測できます。仮にサトシがキーストーンを入手してメガストーンを入手したら、オーキド研究所のポケモンを呼び出しかねません。だからサトシの手持ちであるゲッコウガメガシンカさせようと思ったのでしょう。

サンムーンでは、サトシゲッコウガになる現象を特性「きずなへんげ」というのがあり、これはメガシンカでなく特性によってフォルムチェンジしたのだと思われます。とはいえ、アニメではその力を振るって、幾多のメガシンカポケモンを圧倒していたのは事実です。

その3:サトシのポケモンが強過ぎる

サトシが保有するポケモンの中でメガシンカができるのは、リザードンジュカインヘラクロスオニゴーリ。逃がしたポケモンを含めるとピジョットもそうです。特にリザードンジュカインはサトシのポケモンの中でも屈指の実力を誇り、伝説のポケモンを含む幾多の強力なポケモン達を相手に勝利し続けてきました。オニゴーリヘラクロス勝利数が多いです。

これらのポケモンメガシンカしたら、バランスブレイカーになる可能性がでてきます。特にポケモンファンはサトシのリザードンメガシンカすることを期待していましたが、結局はかないませんでした。サトシのエースポケモンはと問われたら、ほとんどの人がリザードン、もしくはジュカインと答えるでしょう。

ちなみに、フカマルガブリアスに進化したらメガシンカ可能です。とはいえ、ガブリアスに進化してしまったら、ますますサトシが強力なトレーナーになるので、それが理由でサトシの強さをセーブしていると思われます。

サンムーンはどうだろうか

サンムーンでもキーストーンを入手できないわけではないので、サトシはそれを手に入れることができる可能性がありますが、その可能性はゼロに等しいでしょう。サンムーンの主役がZワザだからです。とはいえ、ゲームではZワザの使用回数が少ないという人はたくさんいます。

バトル中に1度しか使えないというデメリットがあり、メガシンカのほうが効率いいと判断する人もいるでしょう。さらに悪いことに、キーストーンは入手できてもメガストーンは手に入りづらいです。メガストーンはバトルツリーで勝利する毎に手に入るBP(バトルポイント)で交換することができますが、64BPを溜めなければメガストーンを購入することができません。

まとめ

サトシがメガシンカを使えないのは、やはり「大人の事情」というものでしょう。サトシが本気でポケモンマスターを目指すなら、かならずキーストーンとメガストーンを入手しなければなりません。

サトシがさらなる高みにいくことを我々ポケモンファンは祈っています。個人的にいえば、サトシがメガリザードンX(Yでもいい)にメガシンカしてライバルとバトルするところがみたいです。