オールセヴィング

生活や暮らしや恋愛などに関するさまざまな情報をお届けいたします!

お正月のお寿司は手作りで節約

出費の多い年末年始。「贅沢はできないけれど、せっかくのお正月だし美味しい料理が食べたい、なるべく費用は抑えたい」と思う方も多いでしょう。お正月に食べたいものの一つとして挙げられるお寿司を節約しながら食べる方法を解説します。

100均のアイテムを使用

なるべく費用を抑えてお寿司を食べる方法。それは手作りです。では、自宅でお寿司を作るにはどうしたらいいのでしょうか。実は最近、お寿司を自宅で手軽に作ることができるアイテムがあるのです。そのアイテム、なんと100均のダイソーで手に入れることが出来ます。種類も豊富にあり、それぞれお好みのものを選ぶことが可能です。

細巻き用、太巻き用だけでなく、握り寿司の型、さらにデコ寿司用まであります。細巻きであれば、お子様でも食べやすいので納豆巻きなどを作ると喜ばれるでしょう。作り方は、容器の中にご飯を入れ、その上に具材を乗せる。そしてまたご飯を乗せ、上から蓋をかぶせる。あとは取り出して形の整ったご飯を巻き寿司用の海苔で巻けば出来上がりです。

握り寿司の型も酢飯を型に入れて取り出すだけなので、とても簡単です。マグロやサーモン等お好きな具材をスーパーで購入して作れば、節約しながらもおいしいお寿司を食べることが出来ます。また、作ったシャリを海苔で巻けば、ツナやネギトロを乗せて軍艦を作ることも可能です。

お子様のいるご家庭向け

100均のデコ寿司用グッズを使用した場合には、とても可愛いお寿司が出来上がります。四角い容器にご飯を詰めて押し寿司を作るのですが、違う種類のご飯を使うことでカラフルな仕上がりになります。例えば、チキンライスと白ご飯で作ると、白とオレンジの層になり、デコふり等を混ぜたご飯で作るとピンクや黄色の層が出来ます。

一番上の面には、薄焼き卵を乗せてケチャップをかけることでオムライス風にもなりますので、お子様にも喜ばれるでしょう。もちろん大人用としても、マグロの刺身やイクラを乗せて見た目が色鮮やかなお寿司を作ることが出来ます。

ケーキのようにデコレーションができるので、お子様と一緒に作ることで、節約しつつも楽しい時間が過ごせ、一石二鳥です。このように100均アイテムを活用することで、高いお金をかけずに見た目も綺麗なお寿司を作ることが出来るのです。

お刺身は柵で購入

お店や地域によって異なるかもしれませんが、綺麗にカットしてあるお刺身ではなく、柵(ブロック)で買えばさらにお得になることもあるでしょう。その場合は自分でカットしなくてはなりませんが、お刺身は切った直後から劣化が始まるので、食べる直前にカットすることで、より美味しく食べることができます。

つまり、家にいながら美味しいお寿司が食べられるのです。お刺身の切り方は「そぎ切り」が良いでしょう。柵の左側から、包丁を斜めに寝かせて包丁の根元から先まで全てを使い、ゆっくりと引いて切ります。身崩れを防ぐため、左手で軽く柵を押さえながら、薄く切るのがポイントです。

簡単お手軽なちらし寿司

また、お刺身など生ものを使わないちらし寿司でも、立派なお寿司です。酢飯を自分で作るのも良いですし、市販のちらし寿司の素を使っても良いでしょう。具材はきゅうりやカニカマ、卵など定番ものであったとしても、彩りよく飾り付ければお正月のおめでたい場面にもぴったりです。

大人数で集まるお正月なので、大きな容器に作るご家庭も多いかと思いますが、このちらし寿司も透明カップに入れて一つずつ飾り付けすることでとっても可愛くなります。ご飯と卵やきゅうりなどの具材を交互に入れ、一番上の面をデコレーションすれば、まるでケーキのような可愛らしい仕上がりになります。一人1つずつ分けられるので、たくさんの親戚の集まるお正月には適しているかもしれません。

コロンと可愛いてまり寿司

ラップに具材をのせて上に酢飯を乗せ、ラップでキュッと丸く包むとコロンとした可愛いてまり寿司が出来ます。マグロやサーモンといったお刺身だけでなく、きゅうりやハム、チーズなどの具材でも美味しくて可愛らしいお寿司ができるのです。

ハムをお花の形に切ってみたり、オクラをお花に見立てたり、お正月を明るく彩ってくれるようなデコレーションも可能です。お皿に並べてみると、まるでお店で出てくるような仕上がりになります。形としては、お子様の好きなキャラクターも作りやすいかもしれないですね。また、一口サイズになりますのでお子様が自分で握って食べやすいのもポイントです。

まとめ

お寿司はお店でしか食べられないというイメージがありますが、実は自宅で節約しながらでも作れるということです。お正月にみんなで食べるようなオードブルのお寿司では、ネタによっては余ってしまうものもあるでしょう。

しかし自分達で作った場合、好きな具材だけで作れるので、残ってしまうということも限りなく少なくなります。また、お子様と一緒に美味しいお寿司を作ることで、お正月の楽しい思い出として、家族それぞれの心に残るものとなるでしょう。