オールセヴィング

生活や暮らしや恋愛などに関するさまざまな情報をお届けいたします!

猫ハウスを手作りしてみよう

猫ハウスはホームセンターなどで売られていますが、安くはありません。たしかに物はいいでしょうが、ここはやはり節約のために手作りでいきたいです。どのような方法で愛猫のお家を作るのか、その方法を解説します。

猫ハウスとはなにか

猫専用の家と例えたほうがわかりやすいでしょう。猫ハウスと言ってもいろいろ種類があって作り方もいろいろあります。猫ハウスは通常ホームセンターなどで売られており、一番安いもので2,000円から3,000円で購入することができますが、手作りだと材料費だけで済みます。

注意しておきたいことがあります。それは、愛猫がその猫ハウスを気に入るかです。気に入らなければそれまでですが、気に入れば自分の縄張りにします。気に入るか気に入らないか、結局は猫次第だということです。

節約したいけど猫にお金をかけたい人がおすすめ

お金がなくてなるべく出費を抑えたい、だけど愛猫にお金をかけたい、そういった方々に向けた情報でもあります。とはいえ、材料によって購入するより高くつくこともあります。節約のために材料を選ばなければならないということです。

しかし、材料費が高くなることを承知のうえで手作りする人は意外といます。なぜなら、世界にひとつだけの猫ハウスを作れるからです。そういった意味で、手作りのほうがある意味人気があるかもしれません。DIYに精通している人は、猫ハウスは朝飯前でしょう。

節約のために猫ハウスを作ってみたいという人は、この記事を是非参考にしてみてください。

猫ハウスを作る前に道具を揃えよう

道具がなければ猫ハウス問わず、どんなものでも作ることは不可能です。とはいえ、使う材料によって道具が異なってくるのも事実です。

ダンボールが材料であれば、カッターとガムテープを用意。木材が材料であれば、ノコギリとサンドペーパー(紙ヤスリ)を用意しましょう。道具がひとつでも欠けていたら、猫ハウスを仕上げることは不可能と認識しましょう。

道具は全てホームセンターで購入できますが、こだわりがなければ安いものでもいいでしょう。

猫ハウスの材料

道具を揃えたことで、次は猫ハウスの制作です。確実かつ綺麗に仕上げるために設計図を描かなければなりません。材料によって作り方が変わりますので、ダンボールと木材について解説していきます。

ダンボールの場合

猫ハウスを手作りするといってもダンボールひとつあれば、すぐに完成できますし、深く悩む必要はないでしょう。ダンボールを材料にするメリットは保温性と断熱効果が高く、処分しやすいからです。木材ほどではありませんが、猫が乗ってもびくともしないほど頑丈性が高いのもメリットのひとつです。

ダンボールをつなぎ合わせれば、人間が寝るベッドもできてしまいます。人間の体重だとすぐに潰れるのではと思われるかもしれませんが、軽量なうえに人間が何人乗っても潰れないほどの頑丈さを持ち合わせています。災害時の避難用ベッドに指定されるほどです。逆にデメリットは、ないに等しいです。

しかし、ダンボールにも種類があります。ダンボールを材料にした猫ハウスもあれば、かなり高いダンボールもあります。おすすめなのが、引っ越し用のダンボールです。そのダンボールであればホームセンターなどにも売られているうえ、店によりますが300円以下で購入できるほどです。余ったダンボールがあればそれを使ってもいいでしょう。

サイズについてですが、宅配サイズで言えば100~120がおすすめです。猫の大きさによって、それ以下でもいいでしょう。作り方は至ってシンプル。ガムテープで口を塞いだ後、カッターで入口となる部分を空けます。猫の大きさによって入口を空ける大きさを決めるといいでしょう。

そして、切り口とギザギザの部分をガムテープで張ります。こうでもしないと猫がケガをする可能性があるからです。これでダンボール製猫ハウスの完成です。

木材の場合

どちらかといえば、DIYが趣味な人に向いているので、節約にもならないといっても過言ではないでしょう。とはいえ、木製の猫ハウスが売られても高い買い物になるのは間違いありません。一から順に簡潔的ですが解説していきます

猫ハウスの形状ですが、四角形がいいでしょう。例えるなら引っ越し用ダンボールと同じ形です。設計図を描き、完成したら作業に取り組みましょう。作り方はいろいろありますが、この場合は大小の板6枚を使用します。箱のように組み合わせたらビス(木ネジ)で止めましょう。

ここで注意です。完全に箱にする前に内部をフェルトなどの布で全体に貼り付けましょう。貼り付けに使用するのは木工用ボンドです。なぜ内部を布で貼りつけなければならないのかというと、猫のケガを防止するためでもあります。大切な猫がケガしたら大変なことです。

最後の板を組み合わせる前にやることがあります、それは、入口部分を空けることです。入口がなければ猫は入れないからです。入口部分はノコギリなどで空けましょう。そしてその切り口にヤスリをかけて滑らかなにすることを忘れないでください。猫がその部分に触れてケガをする可能性があるからです。

これで完成です。本格的に作りたい場合は1×4の木材などを使ってもいいでしょう。

まとめ

猫ハウスを手作りして節約する方法はいろいろありますが、木材よりダンボールを使ったほうが手軽といっても過言でないでしょう。猫が好きという理由でお金をかける気持ちは理解できますが、お金は無限でなく有限です。現実的な話になりますが、お金がなくなれば自分と猫は生きていけないことを理解することが大事です。